楽天証券のマーケットスピードやリアルタイムスプレッドシートをメインに、ネット証券各社のツールついて書いていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日バージョン7がリリースされたばかりのマーケットスピードが、はやくもバージョンアップされるようです。次のバージョンは 7.1

主な機能として下の3点があるようです。
1.PTS(夜間取引)機能の追加
2.信用取引余力情報画面の改善
3.先物・オプション関連ニュース拡充

PTSの対応がメインの様ですね。

先日までβテスターの募集が行われていたので、4月1日からテスターがバグだしし、本番リリースは4月中旬になるようです。


詳しくはコチラ


マーケットスピードを使用するためには、楽天証券の口座が必要となります。

スポンサーサイト
2008年3月25日から4月1日の5営業日に対応したリアルタイム日経平均算出ツールです。

ファイルをダウンロード後、拡張子をxlsに変更し、使用してください。

20080325_RT-N225_03.txt

正しい日経平均を算出していると思いますが、使用は自己責任でお願いします。
日経平均225が、銘柄の入れ替えにより 4月1日まで日経223になります。
また除数も変更になっています。

詳しくはコチラ
日経株価指数構成銘柄が入れ替えになります。
日経225も対象となります。

また、入替えの事情により、3月26日から4月1日までの間、日経平均は223銘柄で算出される事になります。

詳しくはコチラ
マーケットスピード Ver7 と マーケットスピード ナノのダウンロードが開始されました。

ダウンロードはここから


新しい機能について色々読んでいて気が付いたことが・・・

マーケットスピード説明ページのドメインが専用ドメインになってる http://marketspeed.jp/
それに「機能紹介ツアー」がフラッシュで作られてる

マーケットスピードの利用者が増えて、グラフィカルなサイトを作ってるのでしょうか?


リアルタイムスプレッドシートの専用サイトが作られるのはいつの日でしょうか・・・
自分でドメイン「realtimspreadshht.jp」取っちゃうかぁ?

マーケットスピードVer7とマーケットスピード ナノが、3月1日(土)に実施を予定しているシステムメンテナンスが終了し次第のリリースとなります。

マーケットスピードには以下に記載の改善が、
・「マイページ」機能の改善
・チャート画面のコメント・アイコン機能
・新高値・新安値の自動更新機能
・ザラバ情報5画面の改善
・立会外・場外情報の改善
・東証REIT指数追加
・注文約定画面の改善
・中間配当落日表示
・信用余力詳細情報追加

そして、あたらしツール「マーケットスピード ナノ」がリリースとなります。
どんな機能改善、ツールなのかダウンロード開始が楽しみです。


詳しくはマーケットスピードVer7.0、マーケットスピード ナノのリリースについてを参照ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。