FC2ブログ
楽天証券のマーケットスピードやリアルタイムスプレッドシートをメインに、ネット証券各社のツールついて書いていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽天証券の国内株式手数料 再々々々値下げです。

どうせなら 0円にしちゃえば良いのにねぇ

他社は思いっきり無視されて or してますね




詳しくはこちら


楽天証券の口座開設はこちら


スポンサーサイト
楽天証券の国内株式手数料 再々々値下げです。

なんか飽きてきましたね、そろそろ止めていただけ・・・ないかと・・・




詳しくはこちら


楽天証券の口座開設はこちら


楽天証券の国内株式手数料 再々値下げです。

どんどんいっちゃえ~



詳しくはこちら


楽天証券の口座開設はこちら


13日に手数料の値下げを発表した楽天証券ですが、ライバルであるSBI証券がさらに安い手数料を発表したため、再値下げを発表しました。


詳しくはこちら


楽天証券の口座開設はこちら

楽天証券がサービス開始10周年を記念し、国内株式&米国株式の手数料を値下げするようです。

■一約定あたり手数料(ワンショットコース)を大幅改定(最大約58%)。
■国内株式委託手数料の1%のポイントバック。
■米国株式・米国ETF・ADR委託手数料も約17%引下げ。


くわしくはこちら



楽天証券の口座開設はこちら

インターネットサイトを見たり、メールの送受信をしたり、マーケットスピードで情報表示する際に、ネットワーク上にデータが流れています。

一度に送信しきれないデータは分割され、パケットという単位でネット上を流れています。


ネットワーク上を流れているパケットを見たい場合、パケットキャプチャを使用すると見る事ができます。悪意のある人が使用するとまずい事になるアレです。
※送信中のメールのパケットをキャプチャすると、メール本文を読む事も出来てしまいます。使用方法には注意してください。


性能の良いものは何十万円もしますが、フリーでも良いものがあります。

それがEtherealです。

もし、ネットを流れているパケットを見たい場合、このソフトを使用してください。

なお、データセンターや基幹ラインでこのソフトを使用しない限り、自分のパソコンとルータ間で送受信されているパケットしかキャプチャできません。



追記
etherealはwiresharkに名前が変わりました。
詳細は別途お調べください。




リアルタイムスプレッドシートは、楽天証券の口座を開設する事で利用できます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。